困った時の相談相手~遺産相続ならここに相談しよう

トップ > 遺産相続について > 遺産相続で生命保険の扱いを知っておく

遺産相続で生命保険の扱いを知っておく

自分が死んだときに遺族に保険金が受け取れるようにするのが生命保険です。若い人であればそれなりの人が加入しているかもしれません。高齢になってくるとそれほど必要性がなくなってくるので、保障額を減らしたり、場合によっては定期保険の更新をやめてしまう人もいるようです。しかし、生命保険はいろいろと役に立つので、持っておいた方がいいかもしれません。それは相続対策として使えるためです。よく言われているのは相続税対策として有効とされています。ただ、遺産相続で生命保険を利用する時にはそれなりに利用方法を知っておく必要があります。自分だけの考えで行ってしまうと、相続の時に別の問題を引き起こすことにもなりかねないので、一応法定相続人などと相談をしながら準備などをするとよいかもしれません。

相続税対策としていいとされるのは、現金と違って評価額が下げられるところでしょう。法定相続人が2人いるときに1千万円のお金と1千万円の生命保険では、価値が大きく異なります。現金はもちろんそのまま1千万円の価値になりますが、生命保険は価値がゼロになります。法定相続人一人につき500万円の控除があるためです。法定相続人が多いなら、もっと大きな生命保険でもゼロにできます。死ぬ前に払込金額相当が受け取れる生命保険に加入しておけば、かなり節税対策になります。もちろん以前から入っている物でも可能です。注意したいのは受取人でしょう。夫と妻、子供がいるとき、妻が受取人であれば大きな問題はありません。妻が契約者で受取人だと所得税になります。妻が契約者で子供が受取人になると贈与税になります。

生命保険で忘れてはいけない扱いとして、相続財産にはならないことでしょう。相続税の計算時にはみなし相続財産として資産には算入されますが、遺産分割をするときには対象になりません。被相続人が受取人になっているときは相続財産になりますが、配偶者などが受取人になっていれば、配偶者固有の資産として保険金が支払われます。生命保険が5千万円あり、他の資産が1千万円分しかないとき、分割の対象はその他の1千万円しかありません。配偶者に大半を引き継がせたいときには有効な方法ですが、他の相続人からすると納得しにくい仕組みになります。また、相続放棄をしたとしても、生命保険自体は受け取ることができます。生命保険よりも借金が多いなら、生命保険だけ受け取って相続放棄をすれば良いでしょう。相続税はかかります。

カテゴリー

ページトップへ